サッカー 小学生のパス練習

パス練習について

サッカーは団体競技ですから、チーム同士でパスをつないでゴールを決めるのが基本です。上手にパスを出せるか、また相手からきたパスを自分のボールにすることができるか、パスをきちんとおこなうことで、サッカー全体の能力が向上します。

 

たとえば指導者がボールを出し、それを的確に蹴れるか練習をしてみます。できれば正面からだけではなくて、右や左、前やうしろといった試合中に想定されるボールも数多く出してみてください。パスを受けるときの姿勢はボールをしっかり見極めて、からだの中心をボールの方角に向けることが大切です。

 

サッカーではボールを自分から蹴りはじめることよりも、ボールを受けて、それを相手に蹴ることの方が多いため、試合のように、実践に基づいた練習を積んでいくといいと思います。パスを出すときには、パスを送る相手に対して声を出す、アイコンタクトをおくるなどのコミュニケーションも慣れにつれておこなっていくように指導することも大切です。

パス練習のポイント

ボールを扱うサッカーの基本は、「蹴る」そして「とめる」です。一番基本的な動作は、もちろん「自分の意思とおりに正確にパスを出せるか」ということです。

 

サッカーを習ったばかりの小学生にとって、相手に正確なパスを出すのは、少し難しいポイントです。まずは2人1組などになって、正確に相手の足元を狙ってパスができるか、何度もチャレンジさせてみるとよいでしょう。ただ蹴るのではなく、きちんと自分のねらったところに意識してボールが飛んでいるのか、ときどき確認させながらパスをさせるとよいと思います。ボールを自分の思いとおりにコントロールできるようになると、遠いところへのパス、近い相手へのパスなど、試合のなかでも重要なボールの運びができるようになり、小学生本人もサッカーをおこなうことへの喜びが増えていきます。

 

少しずつ静止した状態でのパスに慣れてきたら、パス&ランといって、走りながら相手にパスを出す練習をさせてみましょう。サッカーの試合のなかでは、止まった状態よりも走った状態でボールを蹴ることの方が多いため、より実践に近いかたちで練習をおこなっていくことができます。からだ全体の軸をしっかりとまっすぐに伸ばし、パスをするときのフォームが乱れていないか、注意してあげましょう。

効率よく練習!・口コミ人気ランキング!

楽しみながらドリブルテクニックを身に付けられる子供向けDVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。