サッカー 小学生のフェイント練習

フェイント練習について

右に動くと見せかけて左に動く、ロングパスを出すと見せかけてショートパスを出す…フェイントのおこない方は様々です。キックやシュートの練習と比べて、フェイントは頭脳プレイですし、臨機応変に対処する機敏な力が必要ですからサッカーを練習している小学生には少し難しい内容かもしれません。

 

フェイント練習をあえてせずに、ドリブルに強化して練習している小学生も多くいます。ドリブルを上手に習得することが、華麗なフェイントを決めることにつながるからです。例えば、右手の仲間にパスを出すフォームをしながら、突然、ドリブルで相手を抜くというプレイ。相手をだますという意味では立派なフェイントの技ともいえます。

 

フェイントを上手におこなうためには、「ドリブル」「正確なパス」「シュート」あらゆる技の基礎ができたうえで初めて完成するものです。フェイント練習だけにこだわることの無いように、他の技の習得をしながら余った時間を使いゲーム戦でフェイント練習をおこなっていくと良いと思います。

フェイント練習のポイント

「蹴る」「受ける」「キック」一連のサッカーの基本的な動作を身につけてきたらフェイントの練習もしてみましょう。フェイントとは、相手をだましたり惑わしていくサッカーのテクニックのひとつです。

 

右に動くと見せかけて左に動く、左に蹴ると見せかけて右に蹴る、「ズルしているみたい」と小学生から笑われそうですが、敵をあざむくためのテクニックのひとつとして、あたまの片隅にフェイントを意識させておくとよいと思います。

 

一番良いのは実践です。ほかの練習内容と似ているかもしれませんが、一対一でボールを奪いあいながらゴールを決める練習をおこなってみてください。お子さんが予想する向きと逆に体を使いながらボールを蹴ったり、隙を狙ったキックをうったり、これも立派なフェイントです。口ではなかなか伝えることのできない技ですから、多くの実践を踏まえて「相手が予測不能なことをするのが、サッカーでもあるんだ」ということを伝えてあげてください。フェイントを受ける練習をおこなうことで、相手の先を上手によむディフェンスの良い練習にもなります。

効率よく練習!・口コミ人気ランキング!

楽しみながらドリブルテクニックを身に付けられる子供向けDVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。