サッカー 小学生のトラップ練習

トラップ練習について

蹴ることが主眼にされがちなサッカーですが、しっかりと受け止めることも基本的な動作のひとつです。小学生にとってトラップ練習は地味な印象を受けやすいですが、トラップ練習の大切さを伝えて、コツコツと練習していってください。

 

トラップ練習をおこなう際は、まず止まった状態でトラップする練習をします。正面からボールを投げて、お子さんが足の裏を使いボールを止める練習を繰り返します。指導者が投げてお子さんがボールをトラップする、この単純な動作がトラップ練習の基本的なものです。

 

慣れてきたら、足の全体や頭、胸、腕の内側など、様々なからだの各箇所を使いながらボールをトラップする練習もしていきましょう。同じパターンのボールを出すのではなく、右や左などいろいろな場所からボールを出してトラップする練習を行ってみても面白いと思います。また、トラップに慣れてきたら、トラップした後にボールをキックする練習もします。実際のサッカーの試合では受けたままで終わることは無いので、ボールをトラップした後、キックするフォームに体勢を整える練習を繰り返しおこなっていくと良いと思います。

トラップ練習のポイント

キックやドリブルシュート練習と比較してトラップ練習は非常に地味な練習です。派手なプレイを好む小学生にはあまり人気でない練習内容かもしれません。しかし数多くのサッカー選手はトラップ練習をしてサッカーの基本的な力を養っています。子どものやる気をうまく引き出しながらトラップ練習をおこなっていきましょう。

 

浮いたボールをトラップする練習をまず行います。お子さんと少し離れた距離にたちます。ノーバウンドでお子さんに届くボールを投げます。そのボールをお子さんがトラップする練習をします。地味に見えますが、試合中に出てくるロングボールをトラップする良い練習になります。繰り返し練習していくうちに、ボールと自分との距離感を覚え、上手にトラップできるようになるでしょう。トラップに慣れてきたら、ももや胸などでトラップをし、相手に蹴り返す練習もおこなっていきます。瞬時に動作をたて直さなくてはならないので少し難しい練習内容です。焦らず一歩一歩おこなっていくようにしましょう。

効率よく練習!・口コミ人気ランキング!

楽しみながらドリブルテクニックを身に付けられる子供向けDVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。