サッカー 小学生のディフェンス練習

ディフェンスについて

サッカーをしていると、どうしても前にいく「攻め」だけを考えながらプレイしていくことが多いと思います。点をとりたいと考えている小学生は、攻めることは得意ですが、守りに関しては苦手な子が多いように感じます。

 

サッカーの試合全体を見ていても分かると思いますが、サッカーは攻めだけで構成されているわけではありません。きちんとした守りをしっかりしていないと、そのチームはミスが重なり相手に点を奪われてしまいます。みんながみんな攻めているだけでは、そのチームは強くはなれないのです。

 

守りとはつまり、ディフェンスのことです。サッカーを習っている小学生のお子さんには、ぜひプロのサッカーの試合などを一緒に見て、攻めている選手と同時に、守っている選手のフォームを見学などをさせてみてください。サッカーの試合の流れのなかでディフェンスが、いかに影の主役であるのか、理解させることができると思います。具体的なディフェンスの練習を唐突に始める前に、このように頭で理解させてからおこなうと、意味をもったディフェンスの練習をおこなうことが出来るのではないかと思います。

ディフェンス練習のポイント

どうしても地味な印象に捉えられがちなディフェンスですが、守りをしっかりできる小学生は、攻めにも強くなれます。キックやシュート練習などと違い、着実さが求められる地味な練習ですが、子どものやる気を引き出しながら楽しみながら練習していきましょう。

 

子どもと一対一で練習をおこなう場合は、簡単なドリブルなどをおこないながら、お子さんが指導者からボールを奪う練習をしてみましょう。右や左に動きながら、いろいろな向きにボールを出して、体を動かしながらボールを追いかける練習をしていきます。実際の試合のなかでも、敵のボールを追いかける行為は相手に良いプレッシャーを与える目的もあります。ボールの動きにあわせて、走りこんだり、相手の動きを追い詰めたり、ボールの動きを妨げる練習をさせてみるとよいでしょう。

 

攻める練習をおこなっていた小学生にとってディフェンスの練習は、歯がゆく、集中力も途切れやすいものです。敵と味方の立場をときには交換して、上手に気分転換をはかりながらディフェンス練習をおこなっていくといいでしょう。

効率よく練習!・口コミ人気ランキング!

楽しみながらドリブルテクニックを身に付けられる子供向けDVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。