小学生のキック練習

キック練習について

ゴール前や味方の足元、そしてゴールを決める際など、キックの力が正確に備わっていると思いとおりのボールが出せるようになります。キックとはボールを上手にコントロールできる力のことをいいます。

 

キックは見て覚えることも大切なので指導する人が正しいフォームでキックする姿を、機会に応じて何回も見せてあげるといいと思います。小学生くらいのお子さんは口で言われるよりも真似をすることの方が得意ですから、お手本を見せることは、サッカーを練習するうえでとても大切なことです。

 

キックの練習に慣れてきたら、子どもの横や斜めからボールを出してあげ、動きながら、突然きたボールをキックする練習もしていきましょう。試合のなかでは動きながらゲームが流れていくことがほとんどですから、実践に即した練習内容となります。またキックだけ長く続けていると子どもの集中力も途切れてしまいがちですので、このようにパスを出したりドリブルやシュートも組み合わせておこなうと楽しく練習をすすめていくことができます。

キック練習のポイント

休みの日に公園などでサッカーをプレイしている小学生を見ていると、いろいろなフォームでキックをしている姿が見られます。たかがキックといいますが、されどキック。キックをおこなう際はきちんとしたフォームを身につけさせることが大切です。きちんとしたフォームを身につけていると強いキック、弱いキック、遠いキック、短いキックなどコントロールのきいた力強いキックを打てるようになります。基本にかえって、子どもの蹴り方に誤まった癖がついていないか確認をしながら、キック練習をおこなっていくと良いと思います。

 

キックを練習する際は、家やマンション前の硬いコンクリートよりも出来れば芝や学校の校庭などのグラウンドで練習するとよいと思います。なるべく足元はやわらかいところで、キックが何回もしやすい環境でおこなうと上達も早いのです。

 

その子なりの誤まった癖がついて上手にキックできないこともあります。キックは慣れですから、なるべく練習回数を増やして、体で上手にキックする感覚を身につけさせて欲しいと思います。

効率よく練習!・口コミ人気ランキング!

楽しみながらドリブルテクニックを身に付けられる子供向けDVD教材。

 

元Jリーガー9名が作成したプロを目指す子供用のDVD教材。

本格的な練習方法を多数収録。

 

JFA公認S級コーチ作成の小学校〜大学生、サッカー指導者向けのDVD教材。

元日本代表監督加茂周さんも推薦。